ご相談事例

土地相続にて取得した群馬県長野原町の別荘地を売却したい

ご相談者:E.K 様
千葉県我孫子市

 父が何十年も前に購入した群馬県長野原町の別荘地内の
土地があります。
 今後、使う予定もなく、維持費だけがかかるため、
売却したいと思います。
 御社にて売却活動を手伝っていただけないでしょうか。

状況

相続にて取得した群馬県長野原町の別荘地を売却したい 状況
【所在】群馬県吾妻郡長野原町大字大津
・長年使用されていないため、現地が雑木林となっている
・相続登記が未了
・別荘地のため、建物を建築すると管理費がかかる
・別荘地特有の条例や届出がある

解決策

1. お客様とのメール打ち合わせの実施

 当初お客様は、当社のホームページをご覧になり、
お問い合わせをいただきました。
 お客様のご意向により連絡はメールにて行いました。
 お客様はとてもレスポンスよくご返信いただけため、
諸条件等もメールにてお聞きしました。

2. 独自のネットワークで買主様をお探し

 売主様のご意向をお聞きし、いざ物件のご紹介活動を
開始しました。
 別荘地の雑木林、今ではそれだけで購入される方が
いらっしゃいません。
 そのため、独自のネットワークを駆使し、最終的に何とか
買主様をお探しすることができました。

3. 売買契約前の届出の実施

 群馬県では一部地域で売買契約締結前に届出の必要があり、
今回の物件もその対象地域内でした。
 そのため、売主様と協議し、契約前の事前届出を実施しました。

4. 相続登記手続き

 売主様はお父様が亡くなった際に相続登記を行っておらず、
今回、買主様が決定した段階で相続登記をする予定となって
いました。(売れるかどうかもわからない段階で相続登記を
すると費用だけかかってしまうと理由のため)
 今回、買主様も決定したため、売主様に相続登記を行って
いただきました。

5. 契約書の事前チェックと契約・引渡し

 契約前の届出からご契約までの約1ヶ月の間で
契約書の案文を作成し、予め売主様、買主様にご確認
いただき、内容を協議しました。
 そして、本日、無事に売買契約とお引渡しをすることが
できました。

担当者からの一言

 今回の案件のポイントは、「負動産の売却」でした。
 別荘地内で現況が雑木林の土地、一般市場に販売しても
正直、なかなか引取り手はいません。

 それでも今回は、当社独自のネットワークを駆使した
結果、無事に買主様をお探しすることができました。
 また、各種届出についても当社が知っていたため、
できましたが、こういった届出はほとんどの会社では
知られていないのが現状です。

 「知っているかどうか」、「売買時の注意点は何か」
これがノウハウです。

 今回は、売主様と本日の契約までお会いしませんでしたし、
お電話でもお話ししたことがありませんでした。
 メールだけのやり取りだけでしたが、無事に
ご契約いただくことができました。
 そして、売主様も買主様と直接お会いされたことにより
かなりご安心された様子でした。

関係者のみなさま、本当にありがとうございました。