ご相談事例

土地使っていない庭先の一部を通常相場より高く売却

ご相談者:N.K 様(税理士法人のご紹介のお客様)
東京都板橋区

 当社にて取得した土地があります。
 事業計画の中でもう少し土地の買い増しをしたいのですが、
御社にてそのための近隣交渉等をしていただけないでしょうか?

状況

使っていない庭先の一部を通常相場より高く売却 状況
【所在】東京都板橋区成増5丁目
・お客様(法人)が買い増ししたい隣地は
 1件しかない
・当該隣地は、一部傾斜地部分で樹木が生い茂っている状況
・売り物件でないため、売却していただけるかわからない

解決策

1. お客様との打ち合わせ

 今回は隣地の方も当社のユーザー様でした。
 そのため、現状でご売却いただけるメリットとお伝えし、
売却自体についてもいろいろ協議をさせていただきました。

2. 再三、再四にわたる協議

 再三、再四にわたる協議の結果、隣地のお客様に今売却する
メリットをよく理解いただき、今回は、売却物件でない土地の
一部をご売却していただくという事情も考慮し、通常相場よりも
高額な金額にて売買することでの合意をいただきました。

3. 抵当権の抹消協議

 売主様にご売却のご承諾をいただいた土地の一部には
金融機関からの抵当権が設定されていました。
 そのため、ご契約前に土地の一部をどういった形状と面積で
売買するか、その形状と面積にした場合、抵当権を抹消する
ためにはどうしたらいいか等お客様、金融機関を交え打ち合わせを
しました。

4. 分筆・抵当権の抹消

 金融機関より抵当権抹消の事前内諾をいただくことができ、
土地家屋調査士の先生に依頼をし、実際に土地の分筆作業に。
 契約面積の確保及び予め取決めさせていただいた形状での
分筆が完了しました。

5. お引渡し

 契約条件が全て整い、本日、買主様の本社にて
無事にお引渡しを終えることができました。
 そして、売主様はご自宅の使っていない土地の一部を
相場より高い金額で売却することができ、その資金を
ご自宅の建替え資金に充当されます。

担当者からの一言

 今回の案件のポイントは、「使っていない土地を
お金にかえる」でした。
 
 当初は、法人である買主様が事業地拡大のために隣地の
購入希望から始まったお話でしたが、最終的には、買主様の
希望もとおり、売主様も使っていない庭先の一部を通常相場より
高く売却でき、その資金をご自宅の建替え資金に充当。
みんながWIN WINの関係になることができました。

関係者のみなさま、本当にありがとうございました。