ご相談事例

土地所有している私道だけを資金化したい。

ご相談者:M.T様
神奈川県川崎市宮前区

 所有している私道があるのですが、持分を持っていない
近隣住民の方より売買がある度に通行等の承諾書の依頼があります。
煩わしいので私道だけを売却したい。

状況

所有している私道だけを資金化したい。 状況
【所在】神奈川県川崎市宮前区野川
・私道の取決めにより、建築ができない土地
・現況は公衆用道路ですが、登記地目は田のため、
 農地法の届出が必要

解決策

1. お客様より現状のヒアリング・現場調査

 お客様とお会いして現状についての問題をヒアリングさせて
いただきました。
 そして現地調査を実施しました。

2. 農地法の届出と地目変更登記

 物件の現況は、公衆用道路でしたが、登記地目が田のため、
農地法の届出をし、地目変更登記を完了しました。

3. 購入についての検討・実施

 私道の売却について、近隣住民の方への配慮も必要のため、
誰に売却するかがポイントとなりました。
 いろいろ検討した中で協力会社に購入いただき、近隣住民の
方には将来も安心して私道を通行・利用できるために私道部分に
「通行地役権」を設定しました。

担当者からの一言

 今回の案件は、私道だけの売買でした。
 売買に関して近隣住民の方と協議をしている中で
大変な部分もありましたが、最終的にはみんなが
WIN WINの状態で事業を終えることができました。

 関係者のみなさま、本当にありがとうございました。