ご相談事例

土地建替えできない土地の処分に困っている。

ご相談者:大手ハウスメーカー系不動産会社 様
神奈川県横浜市西区

 私のお客様に相続にて不動産を取得された方がいます。
 その取得された不動産は、建築基準法の道路に接していないため、
建物の建築ができず、処分に困っています。
 御社にて何とかしてもらえないでしょうか?

状況

建替えできない土地の処分に困っている。 状況
【所在】神奈川県横浜市神奈川区沢渡
・建築基準法の道路に接していないため、建替えができない
・室内に残置物があるままでの引渡し
・境界非明示売買
・瑕疵担保責任免責
・前面通路の所有法人が解散している

解決策

1. 物件調査の実施と事業スキームの立案

 ご相談をいただき、すぐに現地を確認し、行政に
物件調査を実施しました。
 現状、「なぜ、建物の建築ができないのか?
どうしたら建築できるようになるのか?」等を
詳細に確認しました。
 場所も良かったため、各種コスト計算をし、
事業スキームを立案。
 事業に着手しました。
売主様が当社に売却するときの条件は
「何もせずに売買代金だけ受領し、引渡し後に
何かあっても責任は負わない」ということでした。

2. 測量の実施・承諾書の取得

 当社取得後、すぐに測量の実施。
現況がどういう形状で何㎡あるのかを調査。
 境界標がないところには設置しました。
 同時に建物を建てられるようにするための
整備方法を再三、再四にわたり、行政と
調整を図りました。
 最終的には無事に許可の取得もでき、商品化することが
できました。

担当者からの一言

 今回の案件のポイントは「再建築不可物件の再生」。
もともと古家だけがあった土地を加工することで
付加価値をつけることができました。

 途中、行政や近隣の方との再三にわたる協議を
行い、最終的に無事に事業を完結することができました。

 「再建築不可物件を再生する方法」の「方法」については、
個別にお問い合わせください。

 ただ、言えることは何事もやってみることが大事。
今回もいい経験をさせていただきました。

 土地家屋調査士の先生、司法書士の先生、建築士の先生、
工務店さん、解体業者さん、不動産仲介会社の方、みなさん、
本当にありがとうございました!