ご相談事例

  • トップ
  • ご相談事例
  • 狭小宅地・再建築不可物件を複数まとめて貸している状態のまま引き取って欲しい

土地狭小宅地・再建築不可物件を複数まとめて貸している状態のまま引き取って欲しい

ご相談者:大手不動産会社様
東京都町田市

 条件が厳しい物件4件をまとめて買い取って欲しい。

状況

狭小宅地・再建築不可物件を複数まとめて貸している状態のまま引き取って欲しい 状況
【所在】東京都新宿区下落合4丁目
・狭小物件(土地が40㎡前後)が4件あり、まとめて売却希望。
 うち2件は道路条件により再建築不可物件。
・4件のうち1件が1階と2階それぞれ別の方に賃貸中。

解決策

1. 事業スキームの立案と実行

 まずは当社での取得(買取)に際しての詳細の事業計画の立案をしました。
新築戸建として分譲することがよいのか、投資用マンション用地として分譲することがよいのか、時間と費用はどのくらいかかるのかということを検証し、4件まとめて取得(買取)しました。

2. 土地面積の確定と賃借人の立退き交渉

 当社が取得する物件が各何㎡なのか、測量をし、確定しました。
※実際に登記簿の面積と実際の面積が異なることは多々あります

 次に賃借人が入居中のままでは事業化できないため、立退き交渉。
2階の1組はすぐに立退きについての承諾がいただけましたが、1階のもう1組は所有者にわからないように第三者に転貸していることが判明。
 何度も話し合いのお願いをしましたが、打ち合わせにも応じていただけなかったため、弁護士の先生に協力依頼。
※弁護士の先生もさまざまです。(当社は不動産に特化した先生に依頼)
 協力依頼後、すぐに話し合いに応じていただくことができ、無事に立退きの承諾をいただくことができたため、最終的には2組とも立退きについて円満解決となりました。
※賃借人の立退き交渉には多額の費用がかかるため、注意が必要です

3. 売買の成立

 当社取得後、多数の販売方法を練り、実行、
 その際に収益マンションの建築希望のお客様でてきたため、条件を調整し、売却に成功。

担当者からの一言

 今回4件のうち2件は単独では建て替えができないため、隣接地と同時に売却することがスケールメリットを享受(単独で売却するより高く売却)することができました。
 また、賃貸中の物件は、所有者と賃借人の契約関係がどうなっているか、現状が実際に契約書通りの状態となっているか、家賃の滞納がないか等注意することが多々あります。
 立退き交渉についても「金銭以外の入居者の方の感情」にも配慮することが大切です。
 
 道路条件が悪く、単独で建て替えができないからと思って諦めてしまっているお客様、まだ諦めるのははやくありませんか?
 もし、そういったお客様がいらっしゃいましたら、まずは当社にご相談ください。

 関係者のみなさま、本当にありがとうございました。