東京都あきる野市草花 広めの庭付き住宅におすすめ、面積2010㎡の土地

東京都あきる野市草花 広めの庭付き住宅におすすめ、面積2010㎡の土地
販売価格 500万円 所在地 東京都あきる野市草花2098番100
交通 ・JR青梅線「羽村」駅より約2.0km
・JR五日市線「秋川」駅よりバス30分「草花台パークハイツ」バス停下車徒歩約1分
土地面積 2010㎡(608.02坪) 建物面積 -
  • 敷地南側の写真(南側から北側を見た写真)
    敷地南側の写真(南側から北側を見た写真)
  • 接面道路の写真(南側から北側を見た写真・敷地は右側)
    接面道路の写真(南側から北側を見た写真・敷地は右側)
  • 敷地西側の写真(南側から北側を見た写真)
    敷地西側の写真(南側から北側を見た写真)
  • 接面道路の写真(北側から南側を見た写真・敷地は左側)
    接面道路の写真(北側から南側を見た写真・敷地は左側)
  • 敷地西側の写真(北側から南側を見た写真)
    敷地西側の写真(北側から南側を見た写真)
  • 接面道路入口から敷地を見た写真(南側から北側を見た写真)
    接面道路入口から敷地を見た写真(南側から北側を見た写真)
敷地南側の写真(南側から北側を見た写真) 接面道路の写真(南側から北側を見た写真・敷地は右側) 敷地西側の写真(南側から北側を見た写真) 接面道路の写真(北側から南側を見た写真・敷地は左側) 敷地西側の写真(北側から南側を見た写真) 接面道路入口から敷地を見た写真(南側から北側を見た写真)

資料請求・お問合せはこちら

TEL.045-620-8659

~ 都心にも近いあきる野市、自然豊かな環境で理想の住まいづくりをしませんか? ~
★土地面積2,010㎡!(608.02坪)
★半径700m圏内にスーパー、コンビニがございます!
★新宿からJR中央線の特急電車等で秋川まで約60分!
★圏央道「日の出インターチェンジ」から車で約8分!
★建築条件付売地ではございません!
★敷地全体が山林につき、自然豊かな環境です!
★傾斜の緩い場所では、家庭菜園、バーベキューが楽しめます!

定住促進の取組について(移住相談窓口)
詳しくは、あきる野市役所企画政策部企画政策課にお問い合わせください。
リンク先:https://www.city.akiruno.tokyo.jp/0000010155.html
■子育て応援サイト「るのキッズ」
妊娠・出産から予防接種、保育園の情報など、子育てをする際に役に立つ情報を発信。
リンク先:http://www.city-akiruno-kosodate.tokyo.jp/index.html
■あきる野創業・就労・事業承継支援ステーション「Bi@Sta (ビスタ)」
子育て世代の就労やこれから起業・創業したい方など、様々な仕事に関する事を支援。
リンク先:http://www.bista-akiruno.com
■あきる野観光協会
都心から60分の大自然「秋川渓谷」等、あきる野市の魅力を発信。
リンク先:https://www.akirunokanko.com
周辺施設 ・セブンイレブン      約0.6km
・いなげや         約0.7km
・立川国際カントリー倶楽部 約0.7km
・くさばな幼稚園      約1.1km
・多西郵便局        約1.2km
・堰下レクレーション広場  約1.2km
・あきる野市立草花小学校  約1.3km
・ネッツ多摩S&Dフィールド 約1.7km
・秋川あすなろ保育園    約1.8km
・あきる野市立東中学校   約1.9km
・あきる野市民球場     約1.9km
・秋留台公園        約2.0km
・あきる野市役所      約3.1km
・あきる台病院       約3.1km
物件概要
所在地 東京都あきる野市草花2098番100 販売価格 500万円
交通 ・JR青梅線「羽村」駅より約2.0km
・JR五日市線「秋川」駅よりバス30分「草花台パークハイツ」バス停下車徒歩約1分
土地面積 2010㎡(608.02坪) 建物面積 -
築年月 - 間取り -
土地権利 所有権 構造 -
現況 山林 引渡時期 即日可
地目 山林
都市計画 市街化調整区域 用途地域 無指定
建ぺい率 40% 容積率 80%
高度地区 無指定 防火指定 無指定
駐車場・カースペース - 接道状況 公道・西側・約8.5m(擁壁で分断)
設備 ・水道:公営水道
・ガス:個別プロパンガス
・汚水・雑排水:本下水
取引態様 媒介
備考 ・本物件は全体的に傾斜地です。
・本物件に各設備の引込みはされていません。
 また、引込みの際、水道加入金、下水道受益者負担金はありません。
・境界非明示売買。
・契約不適合責任免責。
・現在対策済みですが、細かい土砂が接面道路に落下することがありました。
・令和3年度の固定資産税は、山林のため非課税ですが、宅地へ変更した場合、課税される可能性があります。

■市街化調整区域内の開発・建築(都市計画法第43条)について
・市街化調整区域における建築等の制限に対して、東京都 都市計画法に規定する開発許可等の基準に関する条例 第3条1項5号の区域区分前から現在まで宅地である場合に該当、具体的には 下記の開発許可を受けた開発区域内である場合に該当(旧事業法)するため、都市計画法の許可を受ければ、建物の建築は可能です。
・旧事業法(認)S44.12.16 44首計二市収 第813号
     (検)S46.12.13 46西建収宅 第31号
※この権利は土地所有者の相続人、買受人にも引き継がれます。
・山林から宅地への変更、造成による形質の変更を伴う場合、都市計画法第29条の開発許可が必要となります。 一方、この既存宅地(市街化調整区域)の建築物の許可は不要となります。 ※R3.5.18 東京都多摩建築指導事務所 開発指導第一課 あきる野市担当に確認。
情報提供会社
株式会社リライト外観
(株)リライト
TEL:045-620-8659
定休日:水曜日 営業時間 10:00~18:00
東急東横線 反町駅より徒歩5分
神奈川県知事(2)第28478号 (公社)神奈川県宅地建物取引業協会会員
(公社)首都圏不動産公正取引協議会加盟

資料請求・お問合せはこちら